簡単な着こなし

ジーンズとTシャツの簡単な着こなし例

ジーンズとあわせてコーディネートできるTシャツは、
種類が豊富ですが、おしゃれに着こなしたい場合は、
VネックのTシャツが使いやすいと思います。

 

従来は男性もののVネックは、それほど主流ではありませんでしたが、
最近では、ワイルドなおしゃれとして男性のファッションにも
人気があり、女性からのウケも良くなっています。

 

白、グレー、黒など落ち着いた色がわりとおしゃれに見えます。
色にメリハリがない時は、ベルトや大きめのペンダントなどを
持ってくると魅力が増します。

 

また、Tシャツのサイズが大きめの場合は決まりません。
かならずジャストフィットのものを選びましょう。
もちろん、小さすぎてもよくありません。
また、ジーンズにシャツを合わせる場合は、Tシャツをインナーと
して、その上にジャケット風にシャツをはおるときまります。

 

その時、
シャツのボタンはすべて明けて、ジャケット風に着るのがポイントです。
ただ、いずれにしても、
自分の体型や顔の雰囲気にあったものを選ぶことが大切です。

シャツの簡単な着こなし例

シャツには、大きく分けてドレスシャツ、ワークシャツ、スポーツシャツがあります。
また、シャツには外出しをして着れるものと、そうでないものもあります。

 

外出しができないものは、ビジネスやパーティなどで着るドレスシャツです。

 

丈も長めとなっています。しかし、外出しができるシャツは、少し短めです。
とりあえず、シャツにはこういった種類があることを覚えておきましょう。

 

着こなしは、外だし対応のシャツでないものを
外に出して着るとだらしなくなってしまうので、
まずどちらのタイプなのかを確かめてから着用しましょう。
シャツは、Tシャツより、どちらかというと落ち着いて見えます。

 

着方によって、大人の男性をイメージを演出できますので、デートにもぴったりです。

 

Tシャツの上にシャツでも
シャツの上にカーディガンやパーカーでも
シャツの上にベストやジャケットやコート
いろいろな着こなしをすることが可能ですが
バランスに気をつけて、トップスもボトムスも雰囲気の
同じようになるものを選んでみてください。

スーツの簡単な着こなし例

スーツを簡単に着こなすといっても、ビジネススーツであれば、
それほどデザインが凝っているわけではありませんが、
基本色の紺、黒、グレー系などがいくつかあれば、
あとはシャツの色やデザイン、またネクタイに個性を出すようにするといいと思います。

 

また、全体のバランスですが、
着丈が長すぎないこと、シャツの上からスーツを羽織った際に、
袖が少しだけ見える程度がよいです、パンツの丈もポイントで、
あまり長すぎたり、短すぎたりするのはよくありません。
丈の長さにも注意しましょう。

 

スーツのボタンのかけ方は、
スーツが2つボタンの場合は上のボタンを、
そして、3つボタンの場合では上の2つのボタンをかけるか、
または真ん中のボタンだけでもOKです。
基本原則を守れば、まずシルエットは大丈夫です。

 

その上で、あとはいくつか色もののシャツも揃えて、
ネクタイといくつか組み合わせを事前に作っておきましょう。

 

そして、このシャツには、このスーツとネクタイというように、
パターンを決めておくと、それほど迷わないで着こなせます。

簡単に考える 色合わせについて

洋服の色合わせは、基本色をボトムスに持ってくることです。
例えば、黒、茶、カーキ、紺の色のパンツを揃えておくと、組み合わせのバリエーションが豊富になります。
まず、どの色のパンツにするか決めます。決まったら、それに合うカラーをもってきます。

 

黒や茶系なら、トップスに赤、黄色、緑などカラフルな色はとても映えます。
ただし、素材によって黒は、フォーマルなイメージに見せます。
カーキパンツは、おしゃれなシャツが似合いますが、Tシャツはあまりフィットしません。

 

紺は、ブルージーンズの紺と、おしゃれなパンツの紺はイメージがまったく違います。
ブルージーンズは、どんな色のTシャツでも、ドレスシャツでもどちらもフィットします。

 

色あわせは、別にむづかしくありません。基本のパンツさえもっていれば、
あとは、自分の好きなカラーとそれぞれのパンツに合わせてみます。

 

また、ブルゾンは、少し暗めの色が基本です。
そのほうが、中にもってくるシャツ類が引き立ちます。

 

また、もしコーディネートして、全体的にアクセントがない場合は、
明るめのマフラーを着けたり、あるいはおしゃれな帽子をかぶってバランスを整えましょう。

 

全体的な着こなしの色あわせは、アクセントとなる色をどこかに持ってくるのがポイントです。

アクセサリーの合わせ方について

男性のアクセサリーは、以外に女性にはあまり人気がありません。
しかし、日本の男性は、他の国の男性に比べるとアクセサリーを
比較的好んでいるのではないでしょうか。

 

男性のアクセサリーといえば、指輪、ペンダント、ピアス、ブレスレット、
時計等、考えてみると、女性並みにあることがわかります。
女性が男性に許せるアクセサリーを考えるとしたら、条件があります。
まず、シンプルであること、そして、品があること。

 

これが男性のアクセサリーの条件です。例えば、皮のブレスレットは、
男性らしくて、時計のバンドのような感じですので、女性には結構評判がよいです。
でも、大きな太いシルバーのブレスレットは、
ちょっとやりすぎと思っている女性も多いです。
大勢の女性が男性に求めるものは、自分にない男らしさや清潔感です。
アクセサリーも女性並みの華やかさがあるものは、かえって敬遠されてしまいます。

 

アクセサリーを合わせる場合は、さりげなく、けばけばしくならないように注意しましょう。
あわせるとしたら、カジュアル系の服装のほうが向いているでしょう。

 

着こなしについて考えるのが面倒なら

洋服のコーディネートが面倒という方に、
一番お勧めの方法は、まず好きなブランドのカタログ、雑誌あるいは、
着こなし写真がわかりやすい通販サイト(20代30代向け)
に行って、モデルが着ているスタイルで気に入ったのがあれば、
そのままトップス、ボトムスを購入すること。

 

年代によっても、着こなしの仕方は違いますが、
自分の容姿にピッタリかどうか、鏡を見ながらイメージして
良さそうならコーディネートのまま選んでみると
組み合わせの失敗は防ぐことができます。
あとで、アレンジも出来るのでベースとしてもお勧めです。

 

20代の方であれば、ナノユニバース、ビームス、ユナイティッドアローズあたりもいいかもしれません。
ストリートファッションを基本とした、ちょっとおとなし気味のシャツか
ら、ちょっと奇抜なデザインまで、バリエーションが豊富です。
今若い世代に大人気です。

 

また、30代、40代になってくると、若さや流行が取り入れながらも、
少し落ち着きのあるものが主になってくるでしょう。
プラスワン、シップス、メンズニコル、コムサイズムなど、
遊び着からビジネススーツまで揃いそうなブランドがいいでしょう。

 

まず、それぞれのサイトを訪れて、モデルになっている洋服がどんな
コーディネートをしているのかチェックしてみてください。

 

メンズカジュアルの通販ランキングへ

簡単な着こなし方関連エントリー

女性に好印象の着こなしのアドバイス
女性に好印象を持たれる男性の着こなしについて
営業職の男性の着こなし方
営業職の着こなし方で疲労を軽減。
シチュエーションや場面によっての着分け
オシャレといっても、シチュエーションや場面によっての着分けしないと、おしゃれが場違いに変わってしまう場合もあるので注意が必要です。

簡単な着こなし方

着こなしについて考えるのが面倒な方のための簡単な着こなし方