カットソー Tシャツ 違い

カットソーとTシャツの違いについて

カットソーとは、編み生地で、カットcut(裁断)して、
ソーsew(縫製)したものをすべて総称して呼ばれています。
代表的なもので、Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー等の
ジャージ生地で、型紙どおり縫製されたものです。

 

それぞれのパーツを裁断して、
ただ縫製をするだけの簡単な工程であることで、
さまざまな洋服にその手法が使われています。

 

しかし、カットソーはシャツやジャケットには該当しません。
カットソーは、さまざななインナーに用いれて、
ジャケットの下に着ていろいろなコーディネートが楽しめます。
カットソーは、Tシャツも入ります

 

 

 TOPページへ戻る

カットソーとTシャツの違い関連エントリー

ファッションの清潔感とは具体的に
清潔感がないと好感度も下がってしまいます。
ファッションの高級感を出すには
高級感を漂わすのは自分次第
悪い服装の見本と改善
だらしなさい格好をしないために
安く出来るコーディネート
低価格でコーディネート
簡単に安いファッションを買う方法
ファッション選びを素早く済ますために
おしゃれに必要なファッションの個数
おしゃれのためのファッションの保有数
ジレとベストの違い
言い方が違うジレとベスト
衣類の素材や生地の特徴
綿・絹・アクリル・ポリエステル・ウール・ナイロン・ポリウレタン・コットン・麻・レーヨンの特徴について

カットソーとTシャツの違い

意味が似ているようで違うカットソーとTシャツ