悪い服装

悪い服装の見本・改善

悪い服装の見本とは、
一言で言うと、だらしのない服装のこと。

 

例えば、

  • 襟元や袖が汚れている、
  • 古ぼけている、
  • シワシワである、
  • シミができている、
  • パンツの裾が引きずっている、
  • 裾がすれている、

等、ありますが、洋服は何度も着ているうちに、
洗っても汚れも落ちにくくなってきたり、
だんだん見栄えがぱっとしなくなってきます。

 

気に入ったものでも、何度も続けて着ずに、
他のものをあわせてローテーションで着てゆくことで、長く保管できます。
また、食べものなどの汚れは、
すぐに落としておかないと、シミになってしまいます。
洋服を着た際に、鏡を見て、なんとなくヨレヨレしだしたら、
特にデートなどには、避けたほうがいいでしょう。

 

また、服装と一緒にぜひ気をつけたいのが、髪型です。
髪型がきまっているかいないかでも、
着ている洋服が引き立ったり、冴えなかったりするものです。

 

ボサボサの髪の毛や、フケだらけの髪の毛では容姿全体がだらしなく、
しまりのないものになってしまいますので、注意しましょう。

 

お金に余裕があるのであれば、理容院や美容院に行く感覚をせばめて
髪型が変になる前にすっきりとさせておきましょう。

 

ヒゲやムダ毛を整えることももファッションにはかかせないので、面倒に思わず
気を抜かないことをおすすめします。

 

 

  20代30代向け メンズファッションショップランキング

悪い服装 【女性目線で思うこと】の一例

極端に流行を追っている男性を見て落胆する女性は多いものです。

 

それは、流行だけを追ってお金を散在していることを、
生活能力という物差しで計った場合、印象がよく見えないからです。

 

今Aが流行っているとあれば、すぐそのAを購入、Bが流行れば、すぐさまB
というように、いわゆる流行に振り回される男性にどうしても疑問がわい
てしまいます。

 

普段、仕事着でスーツを着ていた男性が、デートの日に
流行最先端の服装で、登場するとちょっと拍子抜けをしてしまうかもしれません。

 

悪い服装の見本は、流行を大げさに強調していることでしょう。

 

また、男性が指輪や腕輪、あるいは、ネックレスや長いキーチェーンなど
をじゃらじゃらつけてるのも避けましょう。
付ける時は、シンプルなので充分です。

 

流行を「さりげなく」取り入れている程度が、女性にとって一番魅力があるのです。

 

女性は、反対のものに魅力を感じます。
女性は流行をかなり積極的に取り入れますが、
自分以上には男性に流行を追ってほしくありません。

 

また、女性は、アクセサリーが大好きですが、
女性以上に男性にアクセサリーを好んでほしくないのです。

 

  20代30代向け メンズファッションショップランキング

悪い服装の見本と改善関連エントリー

ファッションの清潔感とは具体的に
清潔感がないと好感度も下がってしまいます。
ファッションの高級感を出すには
高級感を漂わすのは自分次第
安く出来るコーディネート
低価格でコーディネート
簡単に安いファッションを買う方法
ファッション選びを素早く済ますために
おしゃれに必要なファッションの個数
おしゃれのためのファッションの保有数
カットソーとTシャツの違い
意味が似ているようで違うカットソーとTシャツ
ジレとベストの違い
言い方が違うジレとベスト
衣類の素材や生地の特徴
綿・絹・アクリル・ポリエステル・ウール・ナイロン・ポリウレタン・コットン・麻・レーヨンの特徴について

悪い服装の見本と改善

だらしなさい格好をしないために