痩せ 着こなし

痩せている男性の着こなし方

痩せていると洋服の着こなしは、いろいろバリエーションが楽しめますが、
痩せ型といっても、背が高いのか、低めかでも着こなしが変わってきます。
全体のバランスが決め手となるでしょう。

 

もし、痩せすぎと感じている場合は、大きめの洋服で痩せすぎをカバーするのは、あまりよくありません。

 

かえって、短所が目立ってしまいます。
それよりも、大きからず、小さからずのジャケットなどを
ポイントにもってくると、痩せすぎを強調せず、バランスよく保たれます。

 

ボトムスをスキニージーンズのような、ほっそりしたものをはくと、
バランスがとれませんので、上下が極端にならないように気とつけましょう。

 

ポイントは

 

体格に合ったジャストサイズを選ぶ
(カバーするために大きめの服を選ぶのは逆効果
トップスが大きいと胴長にも見えてしまいます)

 

肩幅の狭さが気になる場合は小さめの襟を選ぶ
(襟が大きめの服を選ぶと、肩幅の狭さが強調されてしまいます)

 

色はアイボリーなど膨張色を選ぶ(クリーム系の色や淡いピンクなど)
(痩せて見える黒・紫・紺色・青などを避ける)

 

しかし、痩せている人はメリットもあります。
冬に寒さ対策に重ね着すると、ごわつかず普通体に見えます。
最近のダウンジャケットを着込めば、引き締まっていてわりとカッコ良く見えますよ。

 

いずれにしろ、痩せている男性は、
太っている男性よりも着れる洋服の幅も広いですから、
あとは着こなし方のバランスをよく考えてみてください。

 

ショップは身長166cm体重52キロの社長自身がモデルのココがお薦めです。

 

ショップが雑誌変わり以上に役立つメンズスタイル

 

痩せている男性の着こなし方関連エントリー

太っている男性の着こなし方
太っている男性ファッションの着こなしについて
背が低い男性の着こなし方
身長が低さをファッションでカバーする方法
背が高い男性の着こなし方
身長が高い人のファッション選びについて
足が短い男性の着こなし方
足が短い方の着こなし方法
顔・頭が大きい方の着こなし方
顔や頭の大きさを強調しないような着こなし方
足が細い人の着こなし方
足が細いという悩みがある人の着こなし方について
下半身太りの人の着こなし方
下半身太りが気になっている人の着こなし方について
お腹が出ている人の着こなし方
お腹が出ていることが気になる人の着こなし方について
薄毛の人の着こなし方
薄毛に悩んでいる人の着こなし方について

痩せている男性の着こなし方

スリム体形の人の着こなし